ホーム > 便秘 > 慢性化していると何をしても便秘が良くならないと諦めがち

慢性化していると何をしても便秘が良くならないと諦めがち

便秘を良くするのに効果的なサプリメントの選び方を紹介しましょう。
便秘は命に関わるような重い病気ではないため、放置してしまうことも少なくありません。
特に慢性化している場合は、何をしても便秘が良くならないから、と諦めてしまうことも多いですよね。
便秘は誰でもなる病気で、そして簡単に治すことが難しい病気でもあります。
便通を良くするためには、まず腸内環境を改善しなくてはいけません。
しかし腸内環境を改善するといっても、何から始めればいいのかよく分かりませんよね。

ぱっと思いつくのはヨーグルトでしょうか。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、便通を良くしてくれることでも知られています。
しかしヨーグルトだけでは、乳酸菌が十分に腸へと届きません。
なぜなら腸に届く前に胃酸で溶けて死んでしまうことがあるからです。
乳酸菌を効率よく腸に届けたい、そう考えるのであれば、食品よりサプリの方がいいでしょう。
重要なのは、生きた状態で腸まで届くサプリを飲むことです。
実は乳酸菌は胃の中で死んでしまったからといって、効果がゼロになるわけではありません。
死んだ乳酸菌も、腸内でエサになるため腸内環境にとってはプラスになります。
しかし死んだ乳酸菌より生きた乳酸菌の方がより良い働きをしますから、生きたまま届く乳酸菌サプリを意識して摂取してみましょう、

便秘を治したい君たちが読むべき体験談の日記